茅ヶ崎三線クラブ稽古場外伝

矢島三線工房・矢島敏が主宰する「茅ヶ崎三線クラブ」のお稽古、イベント等を綴ったブログです。

11月14日(水) がじゅまる(辻堂明治公民館音楽室)


出席者: ひろしさん、いぐちゃん、あおさん、としぼう


練習曲: 豊節、国頭ヂントーヨー、目出度節、かぎやで風、恩納節、揚作田、四つ竹、芋ぬ時代、加那よー、さーさー節


今宵も三線ラバーズたちが大集合!


あおさんから、目出度節のリクエスト。普段の練習メニューに無い曲を練習するのも新鮮な気分になりますね。


目出度節は元は八重山の民謡。調べたところ150年くらい前に石垣島の大浜用登という人が作詞・作曲したそうです。ちなみに茅ヶ崎三線クラブで歌っているのは登川誠仁さん作詩のバージョンです。前回の恩納節に続いて、この歌も沖縄の民謡ではちょっと聞かない「さんさ」というお囃子がはいるので練習中に話題に上りました。歌のタイトルも「めでたい」という本土の言葉が付けられているように、この「さんさ」も本土から伝わった言葉なのでしょうか。気になるところ。。


次回は谷茶前をやります〜!


たかし